疲労回復の鍵はサプリ!適切アイテムでシャキッと生活

老人夫婦

新たな婦人科の診療科目

サプリ

ようやく医学の光が

これまで、更年期障害という症状に対して、医学の世界は意外に冷淡なものでした。その理由については、命取りになるような病気ではないことが大きな部分をしめていました。女性の更年期障害は、閉経前後の女性ホルモンの分泌量が減ることで、体に様々な不調が起こることは知られています。しかし、更年期障害は誰でも起こるもの、一過性の症状として片づけられていたのです。しかし、ここへ来て、ようやく、更年期障害も治療の対象にしようという道筋ができたのです。これまで、多くの女性が苦しんできた症状に、医学の光が当たり始めたのです。レディースクリニックの多くが更年期外来という診療科を新設するようになりました。そして、その治療方法も進化しています。

様々な取り組み

更年期外来という新しい診療科が設けられたのは嬉しいことですが、実は病院によって、治療方法に温度差があることも事実です。症状を抑えるための薬を処方してくれるのは、どこの病院でも同じですが、付加の取り組みを行っている病院も増えているのです。更年期障害の症状は、薬で抑えることはできますが、もっと心理的なアプローチが必要と考える医師もいます。そのような医師の運営する病院では、心理療法士による個別相談も実施しています。医療機関なら原因の特定も容易なので、時間がある方は是非足を運びましょう。また、医療機関にいく時間が無い方などは健康食品の利用も効果的です。現在、更年期障害に効果的な成分はいくつか判明しています。細胞の成長を促進させるプラセンタや大豆に含まれるイソフラボンは、更年期障害の症状緩和に効くと言われています。病院になかなか行きづらい方は、そちらを利用してみてもよいでしょう。また、通院しながら利用するのも効果的です。